お知らせNews

【メディア取材】CHANTO WEB に掲載いただきました

【メディア取材】CHANTO WEB に掲載いただきました

CHANTO WEB 「働く女性の生きやすさ」にコミットするWEBメディア   ★中途採用は13倍 保育士から人気の保育園「一般企業で当たり前のことを」 ★保育士の数が「基準の2倍以上」転職希望者が多い保育園が成り立つ理由   風の森の働き方改革について取材いただき、2回連載で記事にしていただきました☺ 働き方改革が保育業界全体に、また自治体をはじめ国全体に、そして経済界に広まることを願っています。   トップ>ビジネス >中途採用は13倍 保育士から人気の保育園「一般企業で当たり前のことを」 保育士の数が「基準の2倍以上」転職希望者が多い保育園が成り立つ理由

default

【子育て講座】11/18久我山幼稚園にて、子育て講座『子育てママ必見!物価高から家族を守る お金の教養と習慣』を開催いたします

~子育てママ必見!物価高から家族を守る お金の教養と習慣~   円安に歯止めがきかない日本。グローバルでも日本の地位低迷が叫ばれる中、 子どもにどれくらいお金がかかるのか、、この円安物価高がどうなっていくのか? 様々なお金にまつわる不安があるかと思います。 本講座では、心理学を取り入れた金融教育家であります上原先生をお呼びして、 皆さまの不安や疑問についてお答えしたいと思います。 【講座概要】 ① 子どもにかかるお金はいくら? ・産まれてから大学までいくらかかる? ・どうやって用意する? ②円安・物価高で不安・・・ ・この先どうなるの? ・対策は? ③大人が子どもに与えるお金の価値観 親子で「健全なお金の話」をするには? 【講師プロフィール】 上原 千華子氏 金融教育家/(株)ウェルス・マインド・アプローチ代表取締役 「お金の教育をもっと身近に、心から豊かな人生を」 欧米投資銀行17年間勤務、個人投資家歴26年 証券外務員一種、最新心理学NLPを使ったマネークリニック®️認定トレーナー 「価値観に合ったマネー教育講座」 主宰 金融知識だけではお金の不安が消えなかった経験から、 心理学を取り入れたライフプランと資産運用を教えている。 絶対的な中立性を守るために、金融・保険商品を扱わずに活動。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 日時:11月18日(金)10時~11時15分 場所:久我山幼稚園 記念館(オンライン同時開催予定!) 費用:無料 ご参加お待ちしております! ご予約はこちらから!!  

default

【ラジオ】軽井沢ラジオ大学(FM軽井沢)でお話させていただきます

軽井沢ラジオ大学 『the University of Karuizawa radio』 サステナブル(持続可能)社会の実現に役立つ知見をスペシャルゲストとお届けするトーク番組 パーソナリティ:木下晃伸さん にて、風の森の統括 野上美希がお話させていただきます。 2022年10月18日(火)19時~放送 リアルタイムでお聴き頂く場合は、FM軽井沢ホームページからお聴きいただけます。 FM軽井沢ホームページ https://fm-karuizawa.co.jp 【ON AIR】のバナーをクリックすると、全国どこからでもお聴きいただけます。   後日お聴きいただく場合はバックナンバーから! 軽井沢ラジオ大学バックナンバー https://www.karuizawaradio.university/

日本最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」企業総合部門(従業員規模 101名以上1000名以下の部)にて8位入賞

日本最大規模の女性アワード「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」企業総合部門(従業員規模 101名以上1000名以下の部)にて8位入賞

この度、東京都杉並区に認可保育園を6園運営する社会福祉法人風の森が日本最大規模の女性向けの賞「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」の従業員規模101名以上1000名以下の部で経営トップ実行力ランキング2位、企業総合部門で8位を受賞しました。国基準の2.5倍以上の保育士配置による働き方改革を行った推進力が評価されました。社会福祉法人としては唯一のランクインとなりました。   現在、保育士は「残業が多く持ち帰り仕事が当たり前」「給料が安い」「休憩が取れない」というネガティブな印象が強く、潜在保育士(資格を持ちながら保育士として就業していない人)が57万人もいるという現状が業界の大きな課題となり、なり手不足による保育の質の低下が危ぶまれています。(厚生労働省 潜在保育士ガイドブック)そんな中新型コロナウイルスの影響により、消毒等の仕事が付加され、ますます現場から離脱する方が増えています。 そこで、私共は心のゆとりをもって心から保育を楽しめる保育士を増やしていきたいと考えるようになりました。そして保育士の働く環境改善に取り組んだところ、この度、「Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2022」の企業総合部門にて入賞しました。 令和3年度東京都女性活躍推進大賞の大賞受賞に続いて2つ目の受賞となります。 https://forbesjapan.com/feat/womenaward2022/   【具体的な取り組み内容】 ■保育士の働き方改革:保育士を国基準の2.5倍以上の配置。ゆとりある保育体制により残業抑制や休暇取得を推進し、出産・子育てを経て働き続けられる職場を実現 (全園合計の国の基準人数が48人に対し126人の配置 2.6倍の配置) ■キャリア形成支援:勤務時間内に保育を抜けて研修の受講が可能な体制を整備。研修制度の充実化でスキルアップを支援・職員一人一人にキャリアカウンセラーによるキャリア面談を実施し、育成計画に反映 ■業界への波及活動:講演会・シンポジウム、SNS等で自法人の取組を積極的に発信 今回の受賞を通じて、働き方改革に力を入れてくれる法人さんが増えて、保育士が働きやすい、保育士が辞めない世界を実現していきたいと感じています。

【メディア掲載】『マイナビ子育て』風の森の管理栄養士がコメントさせていただきました

【メディア掲載】『マイナビ子育て』風の森の管理栄養士がコメントさせていただきました

マイナビ子育て 【#来年から保育園】管理栄養士が教える! いまから準備できる入園準備 (写真=社会福祉法人風の森)   「保育園の食事に関して、いまから準備できること」について 風の森の管理栄養士が監修者としてコメントさせていただきました☺ 栄養士が教える、 保育園入園までに準備しておきたい3つのポイント ぜひご覧ください。   マイナビ子育て>共働き夫婦>【#来年から保育園】管理栄養士が教える! いまから準備できる入園準備      

default

【子育て講座】9/22Picoナーサリ玉川上水公園にて、『婦人科女医が教える!お母さんのための女性ホルモン講座』を開催いたします

★婦人科女医が教える!お母さんのための女性ホルモン講座 どうしても女性ホルモンの影響を受けやすい女性。 産前産後でホルモンはどう変わるのか?についてのメカニズムを是非学んでみませんか? 子育てママのイライラと女性ホルモンの関係 ママが知っておきたい婦人科の最新情報(妊活、HPVワクチンの話) その他子宮頸がんのことや更年期、PMS等聞きたくてもなかなか聞けない情報を色々お話頂けます! 是非ご参加ください! 〇講師紹介 関口真紀先生 フリーランス産婦人科医(医者歴26年目) 健診クリニックで年間6000人を診察。女性の不調を改善し 女性が活躍し夢を実現できる社会へ。 子宮頸がん検診、更年期、生理の不調の婦人科お悩みトリセツをFBグループにて解説 ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 場所:Picoナーサリ玉川上水公園 子育てカフェ内(お子様連れOKです。妊娠中の方も是非ご参加ください!) 日時:9月22日(木) 10時~ 費用:無料 ご予約はこちらから!

【テレビ】ABEMA NEWS『ABEMAヒルズ』にて風の森を紹介いただきました

【テレビ】ABEMA NEWS『ABEMAヒルズ』にて風の森を紹介いただきました

ABEMA NEWS 『ABEMAヒルズ』 #アベヒル (平日ひる12時~生放送) 2022年9月13日放送 業界に革命!? “働きやすい保育園”   風の森の働き方改革について取材いただき、番組内で取り上げていただきました。 働き方改革が保育業界全体の底上げに繋がることを願っています。   ABEMA>ABEMA NEWS>ABEMAヒルズ>業界に革命!? “働きやすい保育園” アーカイブがご覧いただけます!!        

【メディア取材】東洋経済オンラインに掲載いただきました

【メディア取材】東洋経済オンラインに掲載いただきました

東洋経済 ONLINE 「保育士の数を2倍」にした園で起きた劇的変化 (写真=フリーライター 笠井 ゆかり氏:記事筆者)   風の森の働き方改革について取材いただき、記事にしていただきました☺ 加古川市の取り組みも合わせて紹介されています。 働き方改革が保育業界全体に、また自治体をはじめ国全体に、そして経済界に広まることを願っています。   東洋経済ONLINE>キャリア・教育>ワークスタイル>「保育士の数を2倍」にした園で起きた劇的変化      

【メディア取材】プレジデントオンラインに掲載いただきました

【メディア取材】プレジデントオンラインに掲載いただきました

PRESIDENT Online PRESIDENT WOMAN Online 人手不足の業界に激震…「倍率13倍」転職希望者が殺到する保育園の驚きの採用手法 国基準の2倍の人員を配置し、残業なし、休憩・有休の徹底を実現 (写真=プレジデントオンライン編集部)   風の森の働き方改革について取材いただきました! 「待機児童問題の次の段階、一人ひとりの子どもにとっての保育の質を上げていく段階を力強く進めていきたいと思います」(本文より) 保育の未来、日本の未来のために、保育のあり方をこれからも考え発信していきます。   プレジデントウーマン>キャリア>コラム>人手不足の業界に激震…「倍率13倍」転職希望者が殺到する保育園の驚きの採用手法    

default

【子育て講座】9/14 Picoナーサリ新高円寺にて、子育て講座[夫婦ワンチームで子育てする方法]を開催いたします

【子育て講座のご案内】 夫婦ワンチームで子育てする方法 ✔️ふたりで子育てを楽しくしていきたいけど小さな不満がある ✔️ふたりの子どもなのに、子育ての主担当は自分に偏ってる気がする... ✔️夫婦で子育てを楽しみながら一緒にしていきたい こんなママにオススメの講座です。 講座を行ってくださる「親のがっこう」ではこれまで、産後の子育て支援の現場の最前線でのべ1万人のパパママのお悩み解決に関わってきました。 「赤ちゃん生まれてくるの楽しみだね♪」と夫婦の気持ちがひとつだった妊娠期間から、産後の子育て現場は二極化しています。産後に「こんなハズじゃなかった!」「子育てが思ってたよりツライ」となってしまうママと夫婦ワンチームで子育てができていることで「子育てって楽しい!」となるママに分岐点があることが分かりました。 夫婦で「子育って面白いね!」そんなふうに笑い合えるママになる秘訣をぜひ学んでみませんか? 「赤ちゃんの誕生」この環境の変化だけでは、男性が「父親」として当事者意識を持つことは難しいです。 夫に対して「言わなくても気づいてやってほしい」「少し考えたらわかるじゃん!」と思ったことがあるママにお役に立てる講座です。 ■ トピック■ 子育てで「絆」ができる夫婦と「溝」ができる夫婦の違いを知る 『夫婦ワンチームで子育て』するために必要な2つの視点 [講師プロフィール] 「親のがっこう」代表 上条厚子 1981年生まれ 2児の母。 名古屋市地域子育て支援事業運営・家庭教育推進委員 従事・教育委員会での子育て講座や国連行事への登壇 やNHK・日経新聞・毎日新聞・たまひよ・VERY WEB 等メディア掲載多数 「子どもはかわいい」けど「子育てがしんどい」状態を経験し、「ちゃんと」よりも「自分らしく」子育てできるパパ・ママを増やすために活動している。 ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ 日時:9月14日 10時~ 場所:Picoナーサリ新高円寺 子育てカフェ内 ご参加お待ちしています。 ご予約はこちらから!