【子育て講座ご案内】

~令和時代の情報教育を踏まえた、スマホ・タブレットとの向き合い方~

スマホやタブレットが世の中のスタンダードとなった今、スマホ育児論争などが話題になっていますよね。Web 3.0やメタバース、子ども達を取り巻く環境は目まぐるしく変化してきています。
そんな中、実際どうやってスマホやタブレットと向き合っていけばよいか、今一度学んでみませんか?
また、大学入試改革に伴い、情報教育が改めて変化していることも踏まえた講座です!
テクノロジーが急速に進化している時代、私たちはそれに対応してうまく活用する必要がありますが、現状、その知識と経験が十分ではありません。 様々な情報を賢く活用するには判断基準となる「ものさし」が必要。 それを「メディアリテラシー」といいます。
まずは、親としてメディアリテラシーを学ぶことで、子どものスマホやタブレットとの向き合い方を構築していけるのではないでしょうか? スマホによる正の影響(学習効率化、学習状況 の精密な把握など)と負の影響(いじめ、依存による学力低下など)が子どもに与える影響はどのようなものなのか、是非皆さんに学んでいただきたいと思います。
そして、大学入試改革に伴い、情報教育がどのように変化しているのか等々最先端の情報をキャッチすることで、この時代に生きる子ども達とITとの向き合い方を学んでいただけると思います。
寺島先生の講座は人気が高く、なかなか聞くことができないのでチャンスです!!
是非この機会にご参加ください!

講師紹介:
寺島絵里花氏  日本メディアリテラシー協会 代表理事 三児の母。
日系航空会社勤務後、夫の上海駐在に伴い退職。 一般社団法人メディアリテラシー協会を立ち上げ代表理事として、日本全国の教育現場での公演・普及活動等を続けながら、大学院で情報教育の研究を行う。

日時:7 月 26 日(火) 10 時~ 11 時半
場所:Picoナーサリ和田堀公園
講座料:無料!

ご予約はHP「見学会予約」ページのカレンダーから!

令和5年度入園を予定されている方向けの見学会や説明会を開催しています。

ホームページの”見学会予約”のカレンダーからご希望の日程でご予約ください。

https://www.kazenomori.or.jp/reservation/