TOKYO FM 『THE TRAD』
月曜パーソナリティ:稲垣吾郎さん

2022年 8月1日(月)放送の番組内

LINE WORKS presents
THEお仕事ラッド

にて、
幼児保育と保育士の働く環境に重点をおいた保育園として
社会福祉法人風の森を紹介いただきました☺

国基準「2倍以上」の保育士を配置、安心の保育を…
幼児教育にこだわった保育園「Picoナーサリ」の“ニューノーマル”な働き方とは?

 

“THE TRAD” 番組Webサイトはこちら!↓
https://www.tfm.co.jp/trad/

【子育て講座ご案内】

~令和時代の情報教育を踏まえた、スマホ・タブレットとの向き合い方~

スマホやタブレットが世の中のスタンダードとなった今、スマホ育児論争などが話題になっていますよね。Web 3.0やメタバース、子ども達を取り巻く環境は目まぐるしく変化してきています。
そんな中、実際どうやってスマホやタブレットと向き合っていけばよいか、今一度学んでみませんか?
また、大学入試改革に伴い、情報教育が改めて変化していることも踏まえた講座です!
テクノロジーが急速に進化している時代、私たちはそれに対応してうまく活用する必要がありますが、現状、その知識と経験が十分ではありません。 様々な情報を賢く活用するには判断基準となる「ものさし」が必要。 それを「メディアリテラシー」といいます。
まずは、親としてメディアリテラシーを学ぶことで、子どものスマホやタブレットとの向き合い方を構築していけるのではないでしょうか? スマホによる正の影響(学習効率化、学習状況 の精密な把握など)と負の影響(いじめ、依存による学力低下など)が子どもに与える影響はどのようなものなのか、是非皆さんに学んでいただきたいと思います。
そして、大学入試改革に伴い、情報教育がどのように変化しているのか等々最先端の情報をキャッチすることで、この時代に生きる子ども達とITとの向き合い方を学んでいただけると思います。
寺島先生の講座は人気が高く、なかなか聞くことができないのでチャンスです!!
是非この機会にご参加ください!

講師紹介:
寺島絵里花氏  日本メディアリテラシー協会 代表理事 三児の母。
日系航空会社勤務後、夫の上海駐在に伴い退職。 一般社団法人メディアリテラシー協会を立ち上げ代表理事として、日本全国の教育現場での公演・普及活動等を続けながら、大学院で情報教育の研究を行う。

日時:7 月 26 日(火) 10 時~ 11 時半
場所:Picoナーサリ和田堀公園
講座料:無料!

ご予約はHP「見学会予約」ページのカレンダーから!

令和5年度入園を予定されている方向けの見学会や説明会を開催しています。

ホームページの”見学会予約”のカレンダーからご希望の日程でご予約ください。

https://www.kazenomori.or.jp/reservation/

マイナビ子育て【対談】全3回 :風の森統括 野上美希 × 元気キッズ 中村敏也社長

「保育園・幼稚園の頭のなか」

マイナビ子育て

第1回:
子どもが主体性を持って遊べる保育を! 園の経営者が、令和の子育てについて思うこと

第2回:
パパによる巨大迷路にマグロ解体ショー!? 保護者同士のコミュニケーション最先端

第3回:
戸棚の鍵が壊れている園は危ない? 幼稚園・保育園の経営者が考える子どもの安全対策とは

 

是非ご覧ください!

令和3年度 東京都女性活躍推進大賞[医療・福祉分野] 大賞を受賞

 

社会福祉法人風の森(理事長:野上宏、所在地:東京都杉並区)は2022年1月、
令和3年度 東京都女性活躍推進大賞[医療・福祉分野]にて大賞を受賞しました。


▲授賞式 (コロナ対応が落ち着いた6月に授賞式が行われました。)

「東京都女性活躍推進大賞」は、全ての女性が意欲と能力に応じて、多様な生き方が選択できる社会の実現に向けて、女性の活躍推進に取り組む企業や団体及び個人に贈呈されます。

本法人は、事業者部門/医療・福祉分野において大賞を受賞し、東京都女性活躍推進ポータルサイトにて取組・実績が紹介されています。
【掲載ページ】https://www.tokyo-danjo.metro.tokyo.lg.jp/women/women/r3taisho.html

 
■女性活躍をすすめる風の森の取り組み
{ ゆとりある保育環境を整備し、保育士の働き方改革・キャリア形成支援を推進 }
保育業界が抱える保育士不足や高い離職率の課題解決を図るため、保育士の働き方改革を実践。
自法人をロールモデルとして発信する活動を展開。

 
■取組内容
*リンク*[東京都女性活躍推進ポータルサイト]受賞団体の取り組み
○保育士を国基準の2倍配置し、働き方改革を推進。出産・子育てを経て、活躍できる職場を実現
○余裕のある人員配置、職員一人ひとりのスキルアップ及びキャリアアップ支援の充実等により保育の質を確保
○男性保護者のコミュニティ「チームパパ」を通じて、男性の育児参画を推進
○保育業界全体の働き方改革を促進するため、講演会、SNS、メディア等で業界の現状・課題や自法人の取組を積極的に発信

 
■取組による効果
*ゆとりある保育体制により働きやすい環境が整備され、保育の質が向上
*出産後就業継続率100%(令和3,4年 2年連続)
*採用SNSアカウントのフォロワーが8200名超えとなり、採用力が強化

 
■受賞コメント
(統括 野上美希)
この度は、医療・福祉分野における大賞をいただき、大変光栄に思っています。
保育業界の課題であります職員一人一人の業務過多による過酷な労働環境に終止符を打つべく、風の森では『保育士の働き方改革』を推進してきました。業界内では「難しい」とされた国基準の2倍の職員配置を全園で実現し、研修時間や休憩時間を生み出すだけでなく、残業もなくすことでワークライフバランスが整う理想的な職場環境を構築しました。結果的に、保育の質の向上にも繋がっています。
今回の受賞をきっかけに、業界全体に働き方改革をより促進していけるよう邁進していきたいと思います。

風の森の働き方改革がテレビ朝日の東京サイトで特集されました。

3月16日の放送です。しばらくはYoutubeでもご覧いただけます。